1. ホーム
  2. 沿革

沿革 常磐パッケージ円革・歴史

昭和34 12月 福島県平市城東地区において、常磐紙業株式会社(資本金1000万円)設立
紙袋製造を開始。
35 6月 同地区において、平工場(現:いわき本社事業所)の新設で、段ボール製造を開始。
39 12月 一関市において、一関工場(現:一関事業所)の新設で、紙袋製造を開始。
42 4月 勝田市において、勝田工場(現:ひたちなか事業所)の新設で、紙袋製造を開始。
42 6月 同  勝田工場で段ボール製造を開始。
48 4月 いわき市平神谷地区において、平第二工場(現:いわき金坂事業所)の新設で紙袋製造を開始。
50 4月 常磐興産株式会社に吸収合併、紙業部として発足。
53 6月 手作業加工部門を分離して、いわき市内郷金坂にいわき紙器株式会社を設立。
55 1月 勝田工場において、トライウォール(現:ハイプルエース)を加工開始。
58 11月 全工場においてTQCを導入。
62 7月 勝田工場において、ハイプルエース専用工場を増設。
平成2 7月 業務拡大を目的として、事業部名を包装事業本部に変更。
2 7月 鐘淵化学工業株式会社(現:(株)カネカ)との提携により、いわき市常磐梅ケ平地区に常磐プラスチック工業株式会社(現:いわき梅ケ平事業所)を設立。エペランの製造開始。
7 4月 包装事業本部の各工場を3事業所体制に変革。
【いわき事業所(段ボール工場、紙袋工場)・ひたちなか事業所・一関事業所】
8 4月 いわき紙器株式会社(現:いわき金坂事業所)において紙製緩衝材(コア部門)加工を開始。
8 10月 いわき紙器株式会社(現:いわき金坂事業所)において、紙袋製造を委託開始。
8 11月 一関事業所の製造部門を分離し、株式会社ジェイ・アイ・ピーを設立。
9 6月 福島県の更なる拡販を目的として、矢吹工場を新設。いわき事業所の組織下となる。
9 11月 販売体制の効率化を狙いして、住宅設備機器の販売開始。
10 1月 いわき事業所の段ボール工場を現所在地に新築移転。
10 5月 いわき紙器株式会社(現:いわき金坂事業所)において、コア工場を拡大。
10 5月 常磐プラスチック工業株式会社(現:いわき梅ケ平事業所)にて増産に対応すべく成型機増設(14台)。
11 4月 常磐プラスチック工業株式会社(現:いわき梅ケ平事業所)において、緩衝材加工部門をいわき紙器株式会社(現:いわき金坂事業所)より移管する。倉庫を増設。
12 7月 いわき事業所紙袋工場(現:いわき金坂事業所)を、いわき市内郷金坂に移転をし、紙袋設備を集約し、いわき紙器(現:いわき金坂事業所)にて、紙袋製造とコア製造に特化。
13 7月 桁橋の目地施工方法、及びこれに用いる目地型枠について、特許出願。
14 10月 常磐興産株式会社より分社をし、常磐パッケージ株式会社発足。資本金3億円。
16 1月 本社及びいわき事業所・ひたちなか事業所・一関事業所において、ISO9001の認証取得。
16 12月 本社及びいわき事業所において、ISO14001の認証取得。
17 1月 福島・一関・水戸の全営業所において、ISO9001の追加認証取得。
18 3月 常磐プラスチック工業株式会社(現:いわき梅ケ平事業所)において、ISO9001の認証取得。
18 10月 常磐プラスチック工業株式会社(現:いわき梅ケ平事業所)において、燃料効率アップを目的として6t炉筒ボイラーより2t貫流ボイラー4缶に更新する。
18 12月 ひたちなか事業所において、ISO14001の追加認証取得。
19 9月 愛知県刈谷市において開催したとうほく自動車関連技術展示会へ、リターナブル通い箱を初出展する。
20 10月 東証一部上場企業の株式会社高速のグループ企業として傘下となる。
20 12月 千葉県幕張において開催したセミコン・ジャパンへ、オール段ボール設計品を初出展する。
21 7月 営業開発室に包装設計事例のディスプレイを設置。
21 10月 所管子会社のいわき紙器(株)・常磐プラスチック工業(株)・(株)ジェイ・アイ・ピーを吸収合併をし、5事業所体制となる。資本金を9500万円に減資。
22 3月 いわき梅ケ平事業所エペラン部門を停止。
22 6月 水戸営業所を閉鎖。
22 7月 いわき金坂事業所 コア製造にてISO9001の認証取得。全社ISO9001認証取得なる。
22 8月 一関事業所において、ISO14001の追加認証取得。
23 4月 事務部を管理部へ改称する。
23 5月 矢吹工場を矢吹事業所に昇格する。
23 6月 営業部 営業開発室にひたちなか分室を設置する。
23 12月 いわき金坂事業所においてISO14001追加認証取得。
24 6月 東日本大震災の影響で喪失した、いわき本社事業所の商権を補填するため、「広域営業拡販室」を設置。
24 8月 矢吹事業所を閉鎖し、いわき梅ヶ平事業所へ統合する。5事業所体制となる。

このページのトップへ